こくしゅ塾グループ トップ > 交通事故診療について

交通事故診療について

詳細な時間について

ケガ画像 詳細な時間については、検査の後に治療内容が決まってから担当にお聞きください。また、その施術メニューに必要な設備の混み具合でも多少前後しますので、あらかじめご了承くださいませ。

交通事故に遭った! まずはじめに・・

まずは病院で診察を。接骨院で保険治療を受けるにも診断書が必要です

交通事故にあってしまった場合、医師の診断書が必要となります。
まずは病院で診察し、診断書を出してもらってください。その診断書を持って、警察署へ届け出ます。これで、保険治療を受けることができます。

保険会社の担当者に当グループへ通院する旨をお伝え下さい

整骨院で治療する場合は、保険会社の担当者の方に「○○整骨院で治療をします」と伝えてください。整骨院で十分に治療することができますので、保険に関しての不安な点など、まずはお気軽にご相談ください。

なぜ接骨院が選ばれるのか? 〜交通事故の後遺症〜

「胃の異常はない、だけど症状は悪化」
こんな場合、病院よりも接骨院の方が対応の幅が広いのです。


病院のレントゲン検査で骨に異常が無いと診断され、そのまま放置した結果、悪化してしまう場合も多いです。
症状には個人差がありますが、事故直後は意識障害を起こすことがあります。
頚部の痛みが無くても、腰痛、頭痛、眼精疲労、耳鳴り、難聴、めまい、しびれ、食欲不振、消化不良、吐き気など、その症状はさまざまです。

交通事故の主な症例

最も多いケガはむち打ち


交通事故によるケガでもっとも多いのが、「むち打ち」です。首が間接的な衝撃を受けた時に、むちのようにしなる動きをすることにより、首や肩に痛みが起こるためこう呼ばれています。
通常は「外傷性頚部症候群」、軽いものでは「頚部捻挫」と呼ばれます。
車での追突事故、特に後ろから追突された際に起こることが多いと言われています。

主な症例

・むち打ち ・腰痛 ・打撲障害 など

どんな治療?

鍼、灸、マッサージ、整骨などの手技療法が中心です。


写真 問診により、事故当時の状況や症状、頚部の状態を診察します。むち打ちをはじめとする交通事故によるケガは、関節の問題が大きいです。
当院では症状に合わせて、鍼、灸、マッサージ、整骨などの手技療法が中心なので、安心して治療を受けられます。治療期間は症状によりさまざまですが、むち打ちでは3~6ヶ月ほどです。また、病院に通院しながら、当院で治療を受けることも可能です。経過を見ながら、最善の治療法で回復を目指しましょう。

当グループの特徴

グループのクリニックとの連携もしております。


写真 当グループのアストラル八幡クリニックと連携いたします。
例えば、他の病院にて治療を行っているものの改善の見られない方に対し、セカンドオピニオンとしてお奨めします。
レスポンスデバイス
MENU
適応症例
店舗案内
■接骨院

■リラクゼーション・サロン