こくしゅ塾グループ トップ > 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは
椎間板ヘルニア
背骨(脊椎)は首の骨から腰の骨まで連なっており、その間に「椎間板」と呼ばれる組織がクッションの役割をしています。 腰部椎間板ヘルニアは、腰椎(腰骨)、そのどこかで一部で「椎間板」が変形し、腰や背中側に突出する事で、神経を圧迫することになり、腰痛~足にかけての痛みやしびれが起きやすくなります。
ぎっくり

症状の特徴
 特徴1

腰~下肢(足)の痛み・シビレ

腰部椎間板ヘルニアについては、特に腰~下肢(足)への痛みやしびれが症状として出やすく、まれに両下肢への症状が出る場合もあります。(坐骨神経痛では、片足のみの症状となります。)

特徴2

長期化の場合には手術も検討

痛みやしびれ以外の症状としては、足のむくみや足が重たくなる。こむら返りなどの症状が出る場合もあります。 また、手術をしない保存療法が一般的ですが、症状が3ヶ月以上続く場合には手術を勧める場合もあります。

こくしゅ塾での治療
カイロプラクティック・整体
腰~骨盤にかけて矯正を行います。特に、負担のかかりやすい腰周辺の矯正を行い、椎間板に負担がかかりすぎないようにします。
はり・きゅう
椎間板周辺の筋肉に対して、鍼灸治療でアプローチを行います。 特に、神経の圧迫による症状が出ている場合には、痛みやしびれなどの症状の軽減を図ります。
椎間板ヘルニア治療の流れ
まずは、患部の動き、痛みの確認を行います。
椎間板ヘルニアの場所を特定後、症状として出ている場所に対して、電気治療を行います。 過度に負担がかかっている筋肉組織などに対して炎症が出ている場合には、アイシングなども併せて行います。
患部周囲の筋肉のマッサージを中心に、背中全体の状態を確認します。また、椎間板の状態を確認して、負担を軽減するように整体を行います。
全身のバランスを整える為に身体全体の骨格調整を行います。日常生活による反復性の動作などによる場合もある為、生活指導も併せて行いつつ、症状の改善を図ります。
施術後に患部の状態を再度確認を行います。
レスポンスデバイス
MENU
適応症例
ご予約・お問い合わせの総合受け付け
店舗案内
■接骨院
■リラクゼーション・サロン